注文住宅

施工業者側でもそれを踏まえて、面積の大きな見本(もしくは本物)を見せてくれるところも多くなっています。
色や材質感を比較する時には、できるだけ面積の大きなもので参考にするという原則をぜひ覚えておいてください。
というのも、小さな色見本だとどうしても色目が違って見えるため、実のところにそれを使用したら「思っていた色と違っていた」という失敗例がとても多々あるからです。
壁や内装のクロスなど、家の意匠に深く関わる材料については、できるだけ大きな面積の見本でチェックするようにしましょう。
少なくともA4サイズ以上の面積でチェックするべきというのが指標となっています。

町田市 リフォーム